<英誌が「アジア最強の50人」を発表!>日本は 最多16名が選出!イラン(9人)と韓国(7人)に大きく差を付ける。 《トップスコアラー、 Four+Four+Two、 全リ、 最高位、 水》

1 :Egg ★:2018/04/18(水) 19:02:20.09 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/DsZRJgs.png Jリーグ勢の最高位は川崎が誇るトップスコアラー

https://amd.c.yimg.jp/amd/20180418-00039028-sdigestw-000-11-view.jpg

英国の老舗サッカー専門誌『Four Four Two』が4月18日、最新版「アジア人選手ベスト50」の全リストを公開した。
 
 トップ評価を得たのは予想通り、トッテナム・ホットスパーの韓国代表FWソン・フンミンだ。今シーズンのプレミアリーグで12得点・5アシストを決め、チャンピオンズ・リーグでも大いに存在を誇示。ロシア・ワールドカップを戦う韓国代表でも不動のエースに君臨する25歳だ。同誌のアジア・ベスト50では2015年に続く2度目の1位獲得で、「いまや世界を見渡しても突出したタレント」と評している。異論を挟む余地はないだろう。
 
 2位のアーロン・ムーイ、3位のアリレザ・ジャハンバクシュと来て、日本人選手のトップに付けたのが、4位の香川真司だ。「30代を前にキャリアの春を謳歌している。現在は怪我に苦しんでいるが、今シーズンは素晴らしいゴールを多く決め、ブンデスリーガにおける日本人選手最多得点記録を更新中。ロシア・ワールドカップに間に合うかどうかが注目されている」との説明を添えた。

 日本人選手でトップ10に食い込んだのは残念ながら香川のみで、それに続くのが11位の酒井宏樹、15位の武藤嘉紀、16位の長谷部誠、17位の久保裕也といった面々。Jリーグ勢での最高位は24位の小林悠で、「2017年シーズンのJリーグ得点王だ。川崎ひと筋を貫く稀有なプレーヤーは前線で幅広く機能するが、現在はセンターフォワードで得点感覚に磨きをかけている」と紹介した。さらに僚友である26位の中村憲剛については、「37歳となったいまでもベストの状態を保っている。いまだJリーグ王者・川崎のハートビートを操る不可欠な存在」と称えている。
 
 メキシコのパチューカでゴールを量産中の本田圭佑は42位という評価。同誌は「メキシコの地でキャリアをふたたび上昇気流に乗せた。クラブワールドカップでチームを3位に導き、後期リーグでは目下好調をキープ」と綴り、「ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が解任された日本代表では自身3度目のワールドカップ出場が目前で、日本人選手として前人未到の“3大会連続ゴール”の偉業に挑む」と報じている。

つづく

4/18(水) 16:55配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180418-00039028-sdigestw-socc

イチローは出場せず レンジャーズ戦

続きを読む

<なでしこジャパンの“時間稼ぎ”で4強逃した韓国>地元紙は「まさに最悪のシナリオ」。 《岩田 剛典、 世界ボクシング評議会、 マニー・パッキャオ》

1 :Egg ★:2018/04/14(土) 18:05:55.97 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ZDMK8UM.png 日本女子代表(なでしこジャパン)は13日、W杯予選を兼ねた女子アジア杯グループBの第3戦でオーストラリア女子代表と対戦し、1-1で引き分けた。
この結果、得失点差でオーストラリアが1位、得点数で韓国女子代表を上回るなでしこが2位となり、互いに準決勝進出を決めるとともにW杯出場権を獲得した。

その一方、両国のドローでグループ3位に押し出され、ベスト4進出を逃す格好となったのが韓国だ。
地元メディア『スポーツ韓国』では「まさに最悪のシナリオが現実になった」とし、なでしことオーストラリアの引き分け狙いとされる終盤のボール回しについても触れている。

なでしことオーストラリアが1-1で迎えた終盤、他会場の韓国はベトナム女子代表に4-0とリード。
このまま行けば、勝ち点5でなでしこ、オーストラリア、韓国の3チームが並ぶことになったが、当該チーム間の対戦成績で順位が決定するレギュレーションにより、韓国はグループ3位となる状況だった。

なでしこは引き分けでもW杯出場を決められるシチュエーションだったことから、オーストラリアに同点弾を献上した後、アディショナルタイム2分も含めた約5分間、最終ラインでボールを回してリスクを避ける戦いを選択。
オーストラリアも無理には奪いに行かず、両国の狙い通り1-1でタイムアップの笛が吹かれた。

同メディアはこの終盤の戦いについて「両チームは約束でもしたかのように試合を進めた。日本は最終ラインの4人でボールを回して時間を稼いだ。
オーストラリアは誰もプレッシャーをかけず、ただ時間をやり過ごそうとしていた。 2分のアディショナルタイムを含めて5分以上、時間を消費させる場面だけが続いた。
結局、主審のホイッスルが鳴り、日本とオーストラリアは一緒に歓喜した」とレポートしている。

ゴールラッシュも実らず、準決勝進出を逃した韓国。「ベトナムに4得点の大勝を収めても、涙を流さなければならなかった。最悪のシナリオで4強入りに失敗した」。
こう同メディアが嘆くが、まだW杯出場の可能性は消えていない。17日に行われるA組3位フィリピン女子代表との5位決定戦で勝利すれば、W杯への最後の1枠をつかむことができる。

4/14(土) 15:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-01652658-gekisaka-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggyAuoRvao0AjICV2uWlcAdQ—x900-y606-q90-exp3h-pril/amd/20180414-01652658-gekisaka-000-view.jpg

ルビー・モレノ、沢村一樹主演ドラマで16年ぶりに地上波ドラマ出演!

続きを読む

【社会】日本も求められる決済の“おもてなし” 平昌五輪で感じた韓国「キャッシュレス社会」。 《Instagram、 芸能事務所、 スローン・スティーブンス》

1 :ムヒタ ★:2018/03/29(木) 07:36:14.98 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/SGOXBxu.png 2月に韓国で開かれた平昌五輪を現地で取材した。期間中は五輪会場だけでなく、韓国の「日常」を感じようと地元の街を歩くように努めたが、日本人として驚いたのは、クレジットカードや電子マネーの普及ぶりだ。

日本でも普及してきてはいるが、訪日観光客が必ず利用する飲食店やタクシーでは「カード不可」というケースは少なくない。カードを通す機械はあっても使い方を知らず、カード払いの希望を伝えても「現金で支払って」と平気で言うタクシー運転手もいる。

だが、韓国ではどんなに小さな飲食店でも、個人運営のタクシーでも、カードが使えないことは一度もなかった。韓国語が分からない外国人でも数字だけは分かるため、ぼったくりなどトラブル防止になって安心感もあり、決済で不便を感じることはなかった。

JCBの調査では、日本の平成29年度カード保有率は85.1%で、平均保有枚数は3.2枚。だが、別の調査では、国内の決済方法は「現金」が8割弱と大半を占める。一方の韓国では、カード・デビットなどの「キャッシュレス決済」は約6割にのぼる。同傾向にある中国では財布を持たずにスマートフォンで決済する人が急増中だ。

このように、日本はキャッシュレス決済では発展途上の段階にあるといえる。日本人が海外を旅行するときと同様、両替する日本円を最小限にとどめたい外国人は少なくないはず。キャッシュレスが主流の国が増える中、来年にラグビーワールドカップ、再来年には東京五輪・パラリンピックを控えるホスト国としてまずい状況ではないか。

このままでは、「カード不可」と知らずに日本で飲食店に入った外国人が店の「おもてなし」をどれだけ素晴らしく感じても、会計時に現金がなくて困る、といったトラブルが間違いなく起きる。こうした少しの不便が、国のマイナスイメージにつながりかねない。

店にとって、カード決済は会計時に手数料が数%かかるのが導入をためらう点かもしれないが、政府は2027年までに「キャッシュレス決済」を今の倍にあたる4割程度に高める目標も掲げており、近年は専用端末を導入する店舗に補助金を出す自治体も増えた。

政府は東京五輪の2020年までに「訪日客4千万人」の達成を目指しているが、実現のためには外国人がストレスフリーに観光できる環境を少しでも整える必要がある。「キャッシュレス決済」の拡大は不可欠ではないだろうか。(桑村朋)
2018.3.29 06:20
https://www.sankeibiz.jp/compliance/news/180329/cpd1803290620001-n1.htm

小保方晴子氏と安倍昭恵氏に共通する項目 罪悪感の欠如など6つ

続きを読む

【芸能】<堀ちえみ>韓国で美容レーザー治療!「ウルセラ効果もう出てきた」「顔がキューって、引っ張られているよう」。 《パシフィック・リーグ、 亀梨 和也、 大黒天》

1 :Egg ★:2018/03/19(月) 20:12:28.95 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/VRaynHT.png タレントの堀ちえみが17日、自身のアメブロを更新。旅行先の韓国で美容レーザー“ウルセラ”の施術を受けたことを報告した。

17日の早朝に更新したブログで、「羽田国際空港から、私たち夫婦と息子尋紀と娘彩月の4人で、韓国に行ってきます」と報告した堀。韓国では韓流スターおススメの美容レーザー治療を受けに行ったようで、「ウルセラ効果、もう出てきた ウルセラというレーザー。 顔がキューって、引っ張られているよう」と施術後の顔をアップにした写真を公開した。

堀が施術を受けた“ウルセラ”はリフトアップ効果があるとされ、その他にも「シンデレラ点滴とルチオン注射の、美白効果も出てるかなぁ」と美容効果に期待を寄せた。続けて「施術した皮膚科で購入。皮膚再生クリーム」とクリームの写真を公開。「かなり素晴らしい商品との事」とつづっている。

この投稿に「ちえみちゃんの美しさの秘密ですね!」「お肌ピンピン、きれいです」「以前とかわらずとってもステキですね」などのコメントが寄せられている。

2018年3月19日 15時21分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14454777/

写真
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/6/26882_273_2b1053d6_5d851961.jpg

サカナクション、「新宝島」使用したSpotify新ブランドCM「今のサントラ・青春の図書館」編公開

続きを読む