【スマホ】auも「ファーウェイ」端末採用、日本でも攻勢。 《安い格安スマホ、 ファーウェイ製、 高性能、 カメラ、 端末》

1 :ムヒタ ★:2018/03/31(土) 13:45:33.18 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Xx2PC4j.png 中国メーカーのスマートフォンは日本国内でも攻勢が目立っている。

今年1月にはKDDI(au)が華為技術(ファーウェイ)の端末を採用した。価格は3万円前後と手頃ながら、高性能のカメラを搭載している。ファーウェイ製は通信料が安い格安スマホで人気を集めており、KDDIは「実績を評価した」(広報)という。

中国などアジアメーカーが日本の家電市場に進出するのは、かつてはハードルが高かった。日本の消費者が日本や米国メーカーの品質に高い信頼感を持っていたからだ。

だが、半導体などの部品を外部から購入すれば、一定品質の製品が生産できる「デジタル化」が中国でも進み、事情は変わった。調査会社BCNの森英二氏は「日本や韓国のスマホと機能面での差はなくなってきている。新しい技術をいち早く取り入れている」と指摘する。
続きはソースから
2018年03月31日 13時02分
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180331-OYT1T50059.html

波瑠:共演の鈴木京香と「ちょっとずつバディーに」

続きを読む

楽天、じわりアマゾンの影…楽天・三木谷社長が「楽天を倒すため採算を度外視している」と話すほど攻勢を強めるアマゾン。 《リーガ・エスパニョーラ、 マツコ・デラックス、 ホセ・ルイス・メンディリバル》

1 :スターダストレヴァリエ ★:2017/11/14(火) 11:31:12.44 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/UeBRZXu.png 楽天、じわりアマゾンの影 経済圏拡大や広告に活路

2017/11/13 20:30

 楽天株の上値が重い。日経平均株価が年初から17%高と活況に沸くのに対し、楽天は5%高にとどまる。最大の原因は米アマゾン・ドット・コムとの競争激化だ。楽天市場など国内の電子商取引(EC)の成長鈍化の懸念がぬぐえず、投資家の買い控えにつながっている。

 13日に発表した2017年7〜9月期連結決算(国際会計基準)は純利益が前年同期比86%増の323億円だった。クレジットカードなど金融事業の伸びに加え、出資先の米ライドシェア(相乗り)大手の業績拡大による株式評価益228億円を計上した。

 もっとも、主力の国内EC事業は苦戦する。7〜9月期の営業利益は193億円と7%減。取扱高は8559億円と14%増えたが、買い物時に得られる「楽天スーパーポイント」の費用や、個人間の売買を仲介するフリマアプリの宣伝などで先行投資が膨らんだ。

 ポイント拡大やフリマアプリも、アマゾン対抗策の一環だ。三木谷浩史会長兼社長が「楽天を倒すため採算を度外視している」と話すほど、アマゾンは攻勢を強める。モルガン・スタンレーMUFG証券の津坂徹郎氏は「楽天は投資がかさみ、利益成長が鈍化する懸念がある」と指摘する。

 楽天の強みはECや金融、格安スマートフォン事業などを幅広く楽天ポイントでひも付け、利用者を囲い込む「楽天経済圏」だ。ECは営業減益だが、三木谷社長は「その分クレジットカードなどの利用者が増えた。ECの収益は飛躍的には伸びないが、金融などで伸ばせば良い」と話す。

続きはソースで

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23412270T11C17A1DTC000/

須藤凜々花、大学受験を明かして炎上中も「田村淳よりはるかにマシ!」の声

続きを読む