総選挙“卒業”もAKBは辞めない指原莉乃・・「辞めた途端に人気が急落することを彼女は知っていて恐れている。だから辞めない」。 《彼女、 彼女たち、 33.95+ID、 影、 指原莉乃》

1 :影のたけし軍団ρ ★:2018/04/16(月) 11:57:33.95 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/oOqbKJg.png かつてに比べ、グループの人気は色褪せた感が否めないが、約2カ月後には彼女たちにとっての一大イベント「AKB総選挙」が開催される。
ところが、メンバーのトップに君臨する指原莉乃(25)は、今回出馬はせずに、総選挙の“卒業”を表明。
すると、彼女にブーイングの声が上がり始めたというのだ。

指原が、今回の「第10回AKB48世界選抜総選挙」への不出馬を明かしたのは、3月27日のことだった。

広告代理店関係者が言う。

「指原は、昨年の選挙段階で、“今年が最後”だと言っていたので、不出馬は織り込み済みでした。
出馬をしないとなれば、同時に前田敦子や大島優子のようにAKBグループからの卒業を表明すると考えられていたのです。
ところが彼女は、AKBは辞めずに、一大イベントだけ卒業する」 

そんな虫のいい話はないと、関係者が怒りを爆発させているというのである。

「近頃は、欅坂46や乃木坂46が注目され、AKB人気は下降気味です。
そこへきて、唯一メディアが大々的に報じる一大イベントに指原が出ないとなると、盛り上がりに欠けてしまいかねない。
グループに残るなら、選挙にも出馬して貢献すべきではないかというわけです」(同)

確かに、昨年、約15万票で2位となった渡辺麻友(24)に対し、指原は約25万票と断トツの人気。
彼女が出馬しないのなら、総投票数に影響が出るのではないかと関係者が気を揉むのも不思議ではないが、ついには、
「AKBのメンバーは、それぞれが別々の芸能事務所に所属しながら、AKBグループからも収入を手にしています。
彼女がAKBを卒業しないのは、2つある収入源の1つを失いたくないからではないか」(同)とまで言われる始末だ。

AKB48総選挙公式ガイドブックにコラムを寄せているアイドル評論家・中森明夫氏の話。

「指原は、自身のタレント活動以外に、他のアイドルのプロデュースも行っています。
“ポスト秋元康”の呼び声があるほどで、単なる一メンバーの枠を超えて運営側に片足を突っ込んでいる面がある。
だからこそ、運営側もそう簡単に彼女を卒業させるわけにはいかないのでしょう。選挙に出馬しないのも、
自分が出れば“どうせ1位は指原か”となって、結局イベントが盛り上がらないと考えたのだと思います」

だが、逆の見方もある。スポーツ紙デスクは、

「いつまでも古参が残っていては、次の世代が育たない。スタッフの中には、彼女を辞めさせたがっている人もいますよ。
でも、これまでの例に漏れず、グループを辞めた途端に人気が急落することを彼女は知っていて恐れている。だから辞めない。
これまでの貢献もあるので、秋元康が引導を渡さない限り、無下にすることも出来ないというワケです」

旅立ちの時を逃せば、グループ共々、廃(すた)れてしまいかねない? 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180416-00540747-shincho-ent

元交際相手の情報を無断で婚活サイトに登録 自称「特別国税調査官」の女を逮捕

続きを読む

【乃木坂46】白石麻衣、「Ray」に続き「LARME」モデルも卒業 「2万年に1人の美少女」AKB48小栗有以が初登場。 《CAP_USER9+アイドルグループ、 LARME+034、 徳間書店、 5月17日発売予定、 土》

1 :ジョーカーマン ★:2018/03/17(土) 11:59:57.14 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/oOqbKJg.png アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さんが、女性ファッション誌「LARME(ラルム)」(徳間書店)のレギュラーモデルを卒業することが17日、明らかになった。
白石さんは2012年の創刊号から約6年間、同誌のレギュラーモデルを務めており、5月17日発売予定の「LARME 034」が、レギュラーモデルとして最後の誌面登場となる。
白石さんは女性ファッション誌「Ray(レイ)」(主婦の友社)の専属モデルも、2月23日発売の4月号で卒業している。

17日発売の「LARME 033」では白石さんが表紙を飾る。
表紙で白石さんは、リボンを髪に飾り、クラシカルなブラウスを着こなしたガーリーな姿を披露している。
白石さんは誌面にも登場しており、ピンクのシースルーワンピ姿や、ロングヘアをウェーブさせたアレンジヘアなどが掲載されている。

同号には、新レギュラーモデルとなった「AKB48」の小栗有以さんが初登場しているほか、「欅坂46」の渡辺梨加さん、モデルの山本舞香さん、「NMB48」の吉田朱里さん、“ちぃぽぽ”こと吉木千沙都さんらが登場している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000005-maikirei-ent

「LARME 033」 白石麻衣
http://storage.mainichikirei.jp/images/2018/03/16/20180316dog00m100010000c/003_size9.jpg
http://storage.mainichikirei.jp/images/2018/03/16/20180316dog00m100010000c/002_size8.jpg
http://storage.mainichikirei.jp/images/2018/03/16/20180316dog00m100010000c/001_size9.jpg
「LARME」レギュラーモデルとしてAKB48小栗有以が初登場
http://storage.mainichikirei.jp/images/2018/03/16/20180316dog00m100010000c/004_size9.jpg
http://storage.mainichikirei.jp/images/2018/03/16/20180316dog00m100010000c/011_size8.jpg

乃木坂46 白石麻衣
http://pbs.twimg.com/media/DPZjRnyU8AEn939.jpg
http://pbs.twimg.com/media/DSVXcnXUEAAf-qQ.jpg

AKB48 チーム8小栗有以
http://pbs.twimg.com/media/CwrQskXUcAAlyIx.jpg
http://pbs.twimg.com/media/DDMmO38VoAAv–6.jpg

IMALUが“自由過ぎる”彼との交際について告白「自宅は古民家」「デートは牧場」

続きを読む

<ハライチ・岩井勇気> 突然辞めるアイドルの「卒業」に違和感!「中退だよな?」。 《ゲスト、 Egg、 岩井、 女子、 CAP_USER9+日深夜放送》

1 :Egg ★:2018/03/06(火) 18:20:00.39 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/GnPGlKc.png 日深夜放送の「山里亮太のナナ目線」(テレビ朝日系)で、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気が、アイドルの「卒業」について持論を展開した。

番組では、ゲスト出演した岩井とお笑いコンビ・ダブルブッキングの川元文太が、MCのお笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太とともに、理解し難い女子の言動について議論した。

山里が芸能界に物申すことはないかを岩井に尋ねる場面で、岩井は「アイドルとかに対して…」と切り出した。岩井は、突然辞めるアイドルに対しても、周囲は「卒業」と言うが、そのことに違和感を抱いているそう。

岩井は「卒業って言葉って…『業』を終了して卒業するわけじゃないですか?」「このパターンだと(卒業じゃなくて)『中退だよな?』って思うときが結構ある」と、手厳しい指摘をしたのだ。

すると、川元も「退学のやつもいますしね」と岩井の意見に同調し、笑いを誘った。

アイドル好きとしても知られる山里は、ふたりの意見に「それはね…おふたりの投げた一石がデカすぎるよ」と困惑した表情をみせながら、ツッコミを入れていた。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14393780/

音楽プロデューサーら密輸で逮捕

続きを読む

「HUNTER×HUNTER」冨樫義博、卒業の生駒里奈に「少年ジャンプ」で応援メッセージ「生駒ちゃんお疲れ様でした!!」。 《東京、 メジャーリーグベースボール、 ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム》

1 :ジョーカーマン ★:2018/02/19(月) 21:55:23.22 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/oOqbKJg.png 「ハンター×ハンター」「幽遊白書」の著者である、漫画家・冨樫義博が、乃木坂46を次のシングルで卒業すると発表している生駒里奈に応援メッセージを送った。

メッセージは「週刊少年ジャンプ」2018年No.12の「ハンター×ハンター」での巻末コメントに掲載。

「生駒ちゃんお疲れ様でした!!坂向こうの景色がより輝かしいものであれー!!<義博>」(集英社「週刊少年ジャンプ」2018年No.12、511ページより引用)というもの。

このコメントにネット上で乃木坂ファンは「いいこと言う」「ありがたい言葉」と反応。

また一方で、休載が多い「ハンター×ハンター」のファンからは「そんなこといいから、早く漫画描いて笑」などの反応もあり、いかにファンたちが「ハンター×ハンター」の連載を楽しみにしているかが分かる。

なお生駒里奈は漫画好きで知られており、なかでも“ジャンプ系”の漫画が大好きだという。

■ 生駒里奈は1月31日に卒業を発表

生駒は、ブログで「今年、同学年の方は新社会人として新たな挑戦をする年です。20歳になった頃から、大人として一人で生きていくためにはどうしたらいいのか、具体的に自分のこれからを考えた時に私はこのままでは足りないなと、プラスで自分を高めないといけない。ここだけじゃ足りないと思う様になりました。どこかまたチャレンジ出来るタイミングはと考えた時、ここだと自然と考える様になり今日発表させて頂きました」と、22歳のタイミングが卒業を決意させた理由の一つと説明していた。

生駒はデビューシングル「ぐるぐるカーテン」から「おいでシャンプー」「走れ!Bicycle」「制服のマネキン」「君の名は希望」まで5作連続でセンターを務め、グループの顔として乃木坂46の黎明期を支えたメンバー。

また2014年にはAKB48チームBを兼任。
「AKB48 37thシングル選抜総選挙」では14位となり、AKB48のシングル選抜メンバーに初選出。
年末の「第65回NHK紅白歌合戦」(NHK総合)に初出場を果たした。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180219-00137889-the_tv-ent

漫画家・冨樫義博が生駒里奈に応援メッセージ
http://pbs.twimg.com/media/DWY9v33U8AENcDU.jpg

乃木坂46 生駒里奈
http://pbs.twimg.com/media/C9D3G31VoAEtVOu.jpg
http://pbs.twimg.com/media/Cnp1ajSUMAEkHQF.jpg
http://pbs.twimg.com/media/DWZJctgVoAA_8Zs.jpg
http://pbs.twimg.com/media/DUzx0s3VQAAnaub.jpg

技術のリンド、心の小野寺…カーリング女子支えるコーチ

続きを読む

乃木坂46川村真洋、3月末で卒業[18/02/02]。 《グループ、 CAP_USER9+乃木坂46川村、 本日2月2日、 3月31日、 29+音楽ナタリー》

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/02/02(金) 18:47:31.69 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/oOqbKJg.png 乃木坂46川村真洋、3月末で卒業
2018年2月2日 18:29 音楽ナタリー
https://natalie.mu/music/news/267971

乃木坂46の川村真洋が3月31日をもってグループを卒業することが発表された。

彼女は本日2月2日に自身のブログを更新。卒業の理由などは明かされていないが、「卒業は卒業でもそれは新たなスタートでもあります!不安な気持ちの反面、前を向き進んでいかなければとも思います。残り2ヶ月! 今まで通り、笑顔で楽しく頑張りますので、ファンの皆様も今まで通り応援してくださると嬉しいです」と心境をつづっている。

川村は2011年8月の乃木坂46結成当時からの1期生メンバー。約6年半グループに所属していた。
https://cdnx.natalie.mu/media/news/music/2014/1230/1D6A1546_fixw_730_hq.jpg

小室哲哉さんの引退は週刊誌不倫報道の潮目を変えたのか

続きを読む

【芸能】 アイドルたちの休養・卒業が連鎖 “接触商法”の功罪。 《TBSテレビ、 ポルノグラフィティ、 真野恵里菜》

1 :影のたけし軍団ρ ★:2018/02/02(金) 10:43:23.88 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Op1Cb0u.png 今、日本のアイドルたちの働き方が問われている。

ももいろクローバーZの有安杏果が1月15日に卒業発表をすると、1月31日には乃木坂46の生駒里奈が同グループからの卒業を発表。
昨年は、でんぱ組.incの最上もがが体調不良を理由に脱退、AKBグループでもHKT48の兒玉遥、AKB48・チーム8の早坂つむぎ、
乃木坂46の北野日奈子らが相次いで休業を発表。いまなぜ、アイドルたちの休養・卒業が連鎖しているのか、その要因を考える。

今昔を問わず、トップアイドルともなれば寝る時間もないほど忙しいというのは基本認識だ。
1970年代後半のモンスターアイドルデュオ・ピンクレディーは「1日の睡眠時間は多くて1時間半」、
「忙しすぎて当時の記憶がスッポリ抜けている」と振り返った。

80年代の伝説の高視聴率歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)では、アイドルが海外や地方に行ってスタジオに来られない場合、
移動中の新幹線や駅のホームで歌を中継するといったシーンがよく見られたが、当時のアイドルの忙しさを象徴する映像だと言えるだろう。

そんなかつてのアイドルたちは、まさに“選ばれし者”の代表でもあった。
ファンにとって手の届かない“神聖”な存在であり、ファンとの距離が遠ければ遠いほど後光もさし、プレミア感があったのも事実。

ところがおニャン子クラブ登場以降、アイドルは“一般人化”し、1990年代のアイドル冬の時代を経た後は、
“会いに行けるアイドル”としてAKB48が誕生。アイドルは手の届かない神聖なものから、“すぐに会える”親近感が沸く存在へと変化した。

では、今のアイドルたちが忙しくないのかと言えば、そんなことはない。

初のドラマ単独出演を果たした乃木坂の生駒は1月25日、自身のブログで「毎日心が千切れるくらいです」と明かし、
「1個の事に集中したら結構いい感じになる人なのですが、それだけじゃダメだってのもわかってるのですが、
天才に生まれてないからさ、これは時間かかるのですね」と演技に対する不安や葛藤を露わにした。

実際、アイドルたちは歌やダンス以外に演技力やバラエティ番組での対応力など、様々なスキルを求められている。
しかも自身のSNSなどの更新に関しても、自分という“商品”をPRするための仕事である要素が強い。
今も昔もアイドルになる以上は、様々なストレスと向き合わなければならない。

■アイドルの生命線となった「握手会」、だが精神的な疲弊は限界に!?

現在日本には、地下アイドルを含めればアイドルグループの数は4000組以上とも言われる。
もはや誰でもアイドルを名乗れる時代であると同時に、アイドルを辞めることへの精神的なハードルも低くなった。

そのため、彼女らに“アイドル然とした覚悟”を求められる時代でもなくなった。
ただし、この“アイドル戦国時代”を勝ち抜き、TVや雑誌で日の目を浴びるのは並大抵のことではない。
そうした中、アイドルが生き抜いていくために産み出したのが“接触商法”だ。

“接触商法”とは、アイドルと直接触れ合えることをウリにするイベントや商品のことを差し、
代表例としては「ハイタッチ会」、「握手会」、「ツーショットチェキ」などがある。

事実、日本のアイドルシーンを牽引するAKBグループにとって「握手会」はファンとメンバーを繋ぐ大切な行事となっている。
AKBクラスともなれば「握手会」に10万人が集まることもあり、運営側にとってもCDやグッズの売上を得るためのビジネスとして欠かすことのできないイベントとなっている。

しかし、アイドル側の立場になってみると別の側面が見えてくる。
握手会では数千人の見ず知らずの相手と握手をしなければならず、精神面・体力面での負担が大きいことは容易に想像できる。

NMB48の山本彩は自身が出演したドキュメンタリー映画で“9時間”対応したと語るなど、「握手会」の長時間対応も常態化。
実際、テレビ番組の相談コーナーでHKT48・草場愛は「男性が怖い」、「握手会が嫌」といった悩みを指原莉乃に打ち明けたことも。

ファンとアイドルが触れ合える場として認識される「握手会」では、グループ内での人気が如実に分かってしまうプレッシャーや、
アンチが“説教をする”、“罵声を浴びせる”などの問題もあるという。

卒業を発表した乃木坂・生駒もアンチからの攻撃に悩んでいたとされ「握手会」も休みがちだったという。
https://mainichi.jp/articles/20180202/orc/00m/200/018000c

星野源が『ドラえもん』主題歌をTV初披露!「ミュージックステーション」

続きを読む